駒形十吉記念美術館「2020年第2回企画展 白と黒 茶碗の魅力 併設 平山郁夫古寺巡礼」

こまがたじゅうきちきねんびじゅつかん「2020ねん だい2かいきかくてん しろとくろ ちゃわんのみりょく へいせつ ひらやまいくお こじじゅんれい」

駒形十吉の眼により収集された茶碗の中から白と黒の茶碗 黒楽・瀬戸黒・志野茶碗など展示します。

日本人の憧れであった白磁を模倣してできた白い茶碗、志野茶碗、そして千利休により茶の湯を意識して
作られた黒楽茶碗。いずれも個性的な魅力を放つ茶碗です。
今回は、駒形十吉愛蔵の黒織部 加藤唐九郎作「がらしや」も展示いたします。

基本情報

開催期間 2020年8月1日(土曜日)~10月4日(日曜日)
住所新潟県長岡市今朝白2丁目1番4号
交通アクセス●新幹線・在来線/JR長岡駅東口から徒歩10分
●車/北陸自動車道見附中之島ICから約15分
駐車場美術館敷地内にあります。
営業時間10時~17時 ※月曜日休館
料金●一般………500円
●団体………(1名様) 400円  ※団体は20名様以上
●大学・高校生………300円
●中学・小学生………100円
※障がい者手帳をお持ちの方と介添え者1名は無料
関連資料 「「2020年 第2回企画展 白と黒 茶碗の魅力」チラシ」を見る

問い合わせ先

問い合わせ先駒形十吉記念美術館
電話番号0258-35-6111
関連サイト