南部神社

なんぶじんじゃ

猫好き必見の猫又権現

南部神社の祭神は天香具土命(あまのかぐつちのみこと)で養蚕の神。別名「猫又権現」と呼ばれ、かつては蚕(かいこ)や繭をかじるネズミ除けの神、繁盛の神(招き猫)として養蚕農家をはじめ多くの人々の信仰を集めました。境内の狛犬の手前には、奉納された猫の石像(通称「駒猫」!?)が鎮座しています。
南部神社の成り立ちは古く、元弘3年(1333)新田義貞の鎌倉攻めの際の挙兵を、南部神社の山伏が一夜にして越後の新田一族に一夜にして触れ回ったとされる「新田触れ」の伝承が残されています。

基本情報

住所新潟県長岡市森上1062
交通アクセス●関越道「長岡IC」から車で約40分
●JR「長岡駅」から車で約40分
●JR「長岡駅」、バス乗り場大手口11番線「栃尾車庫前行き」バスで50分
「栃尾車庫前行き」下車→「半蔵金新山線」乗り換え→「森上バス停留所」下車、徒歩数分
駐車場なし
備考南部神社のお札は、道の駅R290とちお観光インフォメーションにて、2種類各500円で求めることができます。

問い合わせ先

問い合わせ先(一社)栃尾観光協会
電話番号0258-51-1195
関連サイト

このスポットから近い宿泊施設

長岡エリアの宿泊施設を探す