日蓮宗本山村田 法王山 妙法寺

にちれんしゅうほんざんむらた ほうおうざん みょうほうじ

雪割草の咲くお寺

鎌倉時代末期の徳治2年(1307年)に日蓮上人の高弟・日昭上人によって建立され、和島は北越布教の中心地となりました。うっそうとした杉木立に囲まれた日蓮宗の本山は、遠く鎌倉時代の古い歴史と風格を感じさせます。
 数百年の風雪に耐えた赤門には、本尊四天王のうち2体天王がまつられており、2階には木像が安置されています。赤門から100有余段の石段を上りつめると、木造茅葺きの黒門があります。
また、四季を通じてたくさんの種類の花を楽しむことができるお寺です。
【四季の景色】
3月・・・雪椿、雪割草、カタクリ、いちげの花、水ばしょう、ショウジョウバカマ
4月・・・桜、しだれ桜
5月・・・シャガの花、ミヤコワスレ
6月・・・花菖蒲、紫陽花
7月・・・蓮
8月・・・ウバユリ
9月・・・彼岸花
10月下旬~11月・・・紅葉
12月・・・雪景色

基本情報

住所新潟県長岡市村田1124
交通アクセス【公共交通機関でお越しの方】
JR越後線「妙法寺駅」下車徒歩10分

【車でお越しの方】
北陸自動車道西山ICより約15km(約20分)
駐車場有り
備考【御朱印のいただける時間】終日可能※事前連絡が確実
【御朱印料】300円

問い合わせ先

問い合わせ先妙法寺
電話番号0258-74-2207
関連サイト