河井継之助記念館

かわいつぎのすけきねんかん

幕末の長岡藩政を担った河井継之助ゆかりの品々などを展示する「河井継之助記念館」が、長町(ながちょう)1丁目の河井継之助生家跡にオープンしました。窓からは、継之助が暮らした当時の面影が残る庭を眺めることもできます。継之助が、西国遊歴の際に書いた旅日記『塵壺(ちりつぼ)』や、旅先の九州で買った蓑(みの)、司馬遼太郎の小説『峠』の自筆原稿など、ゆかりの品約30点を展示しています。

基本情報

住所新潟県長岡市長町1甲1675-1
交通アクセス●JR信越本線「長岡駅」より徒歩で約8分
●関越自動車道「中之島見附IC」より車で約18分
駐車場●普通車:7台
●大型車:要事前予約
営業時間●営業時間:10時~17時(16時30分まで入館可能)
●定休日:年末年始
※臨時休館の場合あり
料金●大人:200円
●高校・大学・障害者・介助者:150円
●小・中学生:100円(小学生未満は無料)
※20名以上は団体料金適用

問い合わせ先

問い合わせ先河井継之助記念館
電話番号0258-30-1525
関連サイト