悠久山散策コース(2時間)

半日コース(4時間以内)
徒歩
地元で親しまれる「御山」をめぐるコースです。
散策路は悠久山公園も含めて、自然資源に恵まれ、四季を通じてお楽しみいただけます。

※観光ボランティアガイドをご用意しております。詳しくはボランティアガイドのご案内こちら をご覧ください。
START

1

悠久山石碑めぐり

悠久山公園に数多くある長岡に関連する碑

司馬遼太郎の小説「峠」の主人公にもなった幕末の長岡藩家老河井継之助の碑。長岡藩刀隊・槍隊の碑、山本帯刀の碑、小林虎三郎の碑、渡辺廉吉の碑などがあります。

徒歩約5分

2

蒼柴神社

悠久山山内にある神社

蒼柴神社の創始は長岡藩3代藩主牧野忠辰公が没後、蒼柴明神の神号を贈られたことにはじまり、9代藩主忠精公が、日光東照宮を模して天明元年に造園した。市民から「お山」と呼ばれ親しまれている悠久山にあり、参道の千本桜は美しい。

徒歩約5分

3

招魂社

北越戊辰戦争と西南戦争の旧長岡藩士を慰霊

慶応4年(1868年)の戊辰戦争で長岡周辺や会津で戦死した長岡藩士たち309名の霊を祀るため、明治7年(1874年)戦没者の七回忌にあたり明治5年に生き残った旧長岡藩士達が慰霊施設の建設を話し合い、募金により明治7年8月現地に造営竣工しました。
西南の役18名の戦没者も祀っています。

徒歩約5分

4

牧野藩主歴代霊廟

歴代長岡藩主の墓碑群

牧野家と縁の深い蒼柴神社にある長岡藩主歴代の墓碑群。 市街地の東部にある悠久山公園にあります。

GOAL