長岡の人気定番スポットをめぐる!「はじめての長岡」

1泊2日コース
初めて長岡市にくる方でも必ず満足できる人気定番スポットを巡ります。
長岡市の良いところが満載です。
START

1

シティホールプラザ アオーレ長岡 (長岡市役所)

隈研吾氏が設計した複合型公共施設

JR長岡駅から徒歩2分!
屋根付き広場「ナカドマ」を中心に、アリーナ、市民交流スペース、行政機能、議会などの機能がが一体となった複合型公共施設です。
建築家・隈研吾氏が設計し、斬新なデザインの中に木のぬくもりが溢れています。
建物内にあるシアターでは、3D映像で長岡花火などを紹介しており、大迫力の映像をお楽しみいただけます。(観覧無料)
情報ラウンジには長岡の各種観光パンフレットがありますので、ぜひ一度お立ち寄りください。

車で約15分

2

江戸時代から続く醸造の町「摂田屋」を歩こう!

全国有数の醸造文化が栄えたまちを散策

越後長岡の摂田屋地区は昔から醸造文化が栄えた土地で、現在も「味噌」「醤油」「日本酒」の醸造が行われています。街を歩けば、あちこちから材料を煮る匂いや、酒や味噌などの発酵香が漂ってくるのも、このまちならでは。予約をしておけば、各蔵の見学も可能です。散策をより楽しくするために、事前申し込みをしておけば、地元の観光ガイドが見どころを案内してくれます。

車で約25分

3

やまこし復興交流館おらたる

山古志に来たら、まず「おらたる」へ!

やまこし復興交流館おらたるは、山古志全体をフィールドミュージアムとして見立てた出発拠点、そして来訪者のみなさんと地域のみなさんの交流拠点としての機能を持っています。新潟県中越地震での体験や住民の証言、さらに復興経験やご支援に対するありがとうの気持ちを山古志の魅力とともに全国に向けて発信する拠点施設です。
「おらたる」とは、山古志地域の方言で「わたしたちの場所」という意味です。

車で約5分

4

山古志の棚田

懐かしい日本の風景

山あいの斜面に階段のように連なる山古志の棚田。
限られた山の斜面を開墾し、水源の確保をおこない、道具や肥料、刈り取った稲なども全て背中にしょって歩いて運搬するなど先人の大変な努力の積み重ねによりつくられてきました。
田植えが終わると錦鯉の稚魚が放され、1年でもっとも美しい季節が始まります。

平成15年6月12日に文化庁の農林水産業に関連する文化的景観の重要地域に選ばれました。
また、平成29年には「雪の恵みを活かした稲作・養鯉システム」として日本農業遺産第1号にも認定されています。

車で約10分

5

よもぎひら温泉 和泉屋

すべすべになる美肌の湯を体感

自然豊かな里山ならではの温泉は心も身体もリラックス。肌にまとわりつくような泉質はリピートしたくなること間違いなし。岩盤浴も楽しむことができる。
料理は長岡の地のものを取り入れ旬を表現したものでおもてなししてくれる。

【温泉の特徴】
●温泉名:蓬平温泉
●泉質:アルカリ性単純硫黄冷鉱泉 PH9.3
●効能:神経痛、関節痛、筋肉痛、疲労回復 ほか
●泉温:16.2度

車で約40分

6

国営越後丘陵公園

四季折々の花々に彩られる公園。楽しい遊具もいっぱい!青空の下で元気に遊ぼう!

広大な敷地を持つ「越後丘陵公園」では澄んだ青空と緑の芝生、白い雪原に挟まれて、様々なスポーツ&レクリエーションを楽しむことができます。

園内人気No.1山型の白いトランポリン「ふわふわードーム」をはじめ、木製遊具や水の遊び場、車型の変形自転車など楽しい遊具が盛りだくさん。思う存分体を動かして遊べます。

雪割草、チューリップ、ばら、コスモスなど、四季折々の美しい花々が咲く園内では自然散策も楽しめます。体験教室では里山の暮らし体験や、生き物、植物の観察をするのも良い経験になるかもしれません。

カフェやレストランもあり食事もできます。野外炊飯広場でバーベキューもおすすめです。

冬のホワイトシーズンは、北陸地方最大級・150mの広いソリゲレンデや、300mロープリフト(無料)のある斜度10~21度のゲレンデでスキー・スノーボードもご利用できます。頂上からの眺めは最高!初級~中級者の練習におすすめです。

【施設の詳細】
●施設概要:木製のアスレチック/天・地・人のフォリー/暖の館/越の池/水遊び遊具/展望台他
●面積:約400ha(開園面積約340ha)

車で約10分

7

新潟県立歴史博物館

縄文展示を中心に新潟県の歴史、文化を紹介。「新潟県のあゆみ」「雪とくらし」「縄文人の世界」等の展示コーナーが設けられています。

車で約40分

8

寺泊魚の市場通り(魚のアメ横)

にぎわいと活気あふれる魚市場。地魚をはじめ全国の新鮮な海産物が集まり豊富な品揃えと生きの良さが自慢。

新潟県の中央に位置する長岡市寺泊は日本海に面した国道402号線沿いに、通称「魚のアメ横」と呼ばれる海産物市場が軒を連ねています。

鮮魚店や土産物店など11店舗が並び、地元寺泊港や出雲崎港に揚がる生鮮品はもちろん、冷凍や加工品も含め新鮮で安い魚の宝庫です。
イカやホタテ、旬の魚を焼いた名物浜焼きを、浜風に吹かれながら味わって。2階の食堂で食事も楽しめます。

GOAL