醸造のまち摂田屋のまち並み散策と7つの登録有形文化財をめぐる旅

半日コース(4時間以内)
徒歩・電車
どこか懐かしさのある景観。ぶらりと歩くと麹や醤油の香りが漂うこの町を散策して
歴史のあたたかさを感じながらゆったりと摂田屋を満喫してください。
START
信越線・上越線「宮内駅」から徒歩約15分

1

サフラン酒本舗

唯一無二の鏝絵蔵

長い石垣の内側には明治から昭和初期にかけて造られた建物群や庭園が広がる。産業王吉澤仁太郎はサフラン酒の製造販売で稼いだ金を惜しげもなく注ぎ込み「鏝絵の蔵」に代表される仁太郎ワールドを作り上げた。
現代では、市民の手によって魅力的な観光施設に生まれ変わろうとしています。

徒歩約7分

2

星野本店

江戸時代から続く本物の味

醸造の町摂田屋で弘化3年(1846年)に創業。味噌・醤油の製造において、全国品評会でも高い評価を受けてきました。
敷地内の衣装蔵は新潟県内でも珍しい三階建。工場直の商品も購入できます。

徒歩約5分

3

光福寺

北越戊辰戦争 長岡藩本陣跡

小千谷談判決裂ののち、長岡藩は戊辰戦争で光福寺に本陣を置き、開戦を宣言して隊の士気を高めました。
ここには最新鋭のガトリング砲と洋式武装した藩兵が配備されました。

徒歩約10分

4

吉乃川「醸蔵(じょうくら)」

吉乃川とお客様のつながりを「醸す蔵」

売店やおつまみも楽しめる飲食スペースを中心に、吉乃川の歴史、酒造りについての展示スペースもあり、幅広く吉乃川を体感できる施設となります。
ここだけの限定酒も取り扱います。

徒歩約5分

5

(株)越のむらさき

旧三国街道に漂う醤油の香、創業180年の歴史。

古い社屋、お地蔵様、煉瓦の煙突等歴史的遺産と三国街道に漂う醤油の香で第一回長岡市都市景観賞を受賞しております。
お地蔵様は三国街道の分岐点にあり台座には右ハ江戸左ハ山路とほられており、道しるべ地蔵と言われております。もう200年以上になります。
竹駒稲荷は岩沼市にあって日本三大稲荷といわれる由緒正しき神社ですが、明治22年にこの地に勧請されました。右側のお狐様は珍しい子持ちで商売繁盛だけではなく、子宝安産でもお参りが絶えません。
社屋は明治10年の竣工ですので130年になります。また醤油業は天保2年に初めておりますので、創業180年になります。
老舗の誇りを凝集した鰹だし醤油越のむらさきは新潟県一と自負しております。
弊社のある摂田屋地域は、醸造業が6社あり歴的遺産も多く散策に最適です。
工場見学可能です。事前にご予約をお願いいたします。

GOAL